時給はどのくらい?

在宅バイトには様々な種類がありますが、気になる時給はどうなっているのでしょうか?

ここでは、在宅バイトで有名な「SOHO」を例にしてみました。

基本、在宅バイトは出来高制と思って下さい。パートさんやアルバイトさんのお給料は普通は時給計算ですよね。

一生懸命働いても、仕事をしないでサボっていても、1時間○○円という計算でお給料が出ます。

でも在宅バイトでは、出来高制の場合がほとんどですので、自分がやった分だけ自分に返ってきます。

クライアントによっては、ミスがあったデータ分が差し引かれたりすることもありますが、基本的には仕上がったデータの分だけ報酬が発生します。

例えば、単価1円のデータを6000件入力すれば、単純に6000円の報酬を頂けるということになります。

では、時給に換算するとどのくらいになるのでしょう?

たとえば、テキスト入力の仕事の場合で、単価が0.25円/字だとします。

そしてAさんは1分間で80文字、Bさんは130文字の入力ができるスキルを持っているとします。

その場合の二人の時給は、
Aさん:0.25(円)× 80(文字)×60=1200円/時間
Bさん:0.25(円)×130(文字)×60=1950円/時間
となります。

こうしてみると、在宅バイトってやりようによっては高時給ですよね。

クライアントから提示される単価や各自のスキルによって報酬は大きく変わってきますが、これを見て、「時給がいいじゃない!」とぬか喜びしてはいけません。

上の計算は単純に文字だけを入力した場合の時給です。

在宅バイトでは、これに加え、作業前にお仕事の指示書を読む時間や、出来たデータを印刷する時間、ミスがないかどうかのチェックをする時間なども含まれてきますので、結局は時給500~600円ももらえればいい方かな、というのが実情です。

いずれにしても、同じ単価でも、あなたのパソコンスキルが高ければ高いほど時給はよくなります。

ですから、効率よく仕事を進めるためにも、少しでも自分のスキルを上げる努力をし続けることは大切なことなのです。

今回は「SOHO」での時給を例にしましたが、要は在宅バイトは自分の腕次第で報酬が決まるということですね。