在宅バイト,マナー

まずは自分がどうして在宅バイトをしたいのかということをしっかり相手に伝えることです。理由は人それぞれだと思います。病気持ちである、家族に介護が必要なひとがいる、人と合うのが苦手などなど。

その理由を相手にしっかりと伝えることによって相手もこっちのことを理解してくれるはずです。そうすることで信頼関係が生まれて仕事にも良い影響を与えてくれるはずです。

そして自分には何が出来るのかということもしっかりと伝えていきましょう。スキルは何があるのか?自分は何が得意なのか?逆に何が苦手か?スキルや特技も人それそれですのでそれをしっかり伝えることで受ける仕事の内容も変わってくるはずです。

例えば、この人は手先が器用だから細かい作業をお願いしよう、この人は力がありそうだからこんな仕事をお願いしてみよう。

雇用する側からすると、相手がしっかりと自分を全てさらけ出してくれる方が接しやすいのです。苦手なものを隠されたり、本当はあまり好きではない仕事をあたかも好きかのように振る舞われたり。

そういう小さなことが積み重なってしまうと信頼関係が崩れ始めるので仕事の面でも良くなくなります。

あとは自分の限界を知ることも大事です。

自分にはどれだけの時間があるのか、どれぐらいお仕事量ならこなすことができるのか。

それをしっかりと意思表示してもらえないと雇用する側からしてもまだまだいけそうだねと勘違いしてしまってたくさんの仕事を振ってあげようと気持ちになってしまうかもしれません。

しっかりと自分の動ける時間というのを見極め、休みの日もどれぐらい動けるのかをしっかりと計画して、相手に伝えていきましょう。

上記のポイントは仕事をもらう上での最低限のマナーだと思っています。

他にも細かなマナーというのはたくさんありますが、最初はひとまず上記のことに気をつけていればうまく進めていけるのではないかなと思います。

仕事を始める前にしっかり自分自身と向き合ってみて下さい♪